6月16日(土)に西朝明中学校にて、第5回地域防災訓練が実施されました。参加者は生徒約290名とPTAの方、下野地区からは楽寿会と自治会、八郷西地区から自治会とあかつき寿会の方が参加されました。参加された方お疲れさまでした。。また、ご指導ご協力いただいた諸団体の方ありがとうございました。この防災訓練は、中学校の土曜授業の一環として災害発生時にどのように対応したらいいかを体験的に学習するとともに、中学生が地域住民の一人として援助する側として何ができるかを学ぶことをねらいとしています。中学生は災害時の大きな力となりうる存在です。地域の方々と中学生が一緒になって訓練に取り込むことは、地域のつながりを強くして、防災、減災に役立つので今後も続けていただきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめの記事